ようこそ。こんなページへきてくれてありがとう!(てか遅っ!)

このページは、理科についてのホームページで、自分で言うのも変だけど、結構内容が充実している!そしてさらに・・・
てなかんじにしたいけど、
なんとまだコンテンツが決まってなーい。ごめんね
O=C=OO=O
↑二酸化炭素と酸素です。→水素もあるよ。なんか情けないね。(笑) H-H
このホームページの特徴
内容:科学その他
更新:週1ぐらい?
長い目で見ていただけると有難いです。
こんにちは
かずみです。
ウィキペディアで
Imuzak
っていう名前で
活動してます。
ちなみに、
私のページは
Crick Here!
見たいかたは
どうぞ。


理科のホームページってことで、科学のとても有名な話を、(知ってる人も多いかと思いますが)

化学物質DHMOについて

DHMO (Dihydrogen Monoxide. ジヒドロゲン モノキサイド)は、水素酸化物の一種であり、常温で液体の物質である。
空気中にも存在が確認されており、強い依存性が確認されている。
以下に、DHMOについていくつか特徴をまとめる。

@毎年、DHMOによって、多くの人が死亡するが、報告される死亡例は、
偶然液体状のDHMOを肺に吸い込んだことによるものが多い。

水素酸化物の一種で、多くの材料の腐食を進行させる。
酸性雨の主成分でもある。

A電気事故の原因となり、さらに、自動車のブレーキの効果を低下させる。

B末期がん患者の悪性腫瘍から検出される。

C重篤な火傷の原因となりうる。

D火傷以外にも火傷のような症状が起こることがあり、
固体状態のDHMOに触れると高確率で皮膚の大規模な損傷を起こす。

その危険性に反し、DHMOは頻繁に用いられている。

E多くの工場で洗剤などと混ぜて洗浄に、
液体や固体の状態で冷媒に使用されている。

F防火剤として用いられ、防虫剤の散布にも用いられる。
洗浄した後もDHMOは残留し、産物に影響を与える。

G各種のジャンク・フードや、その他の食品、
清涼飲料などに添加されている。

H最近では、世界各地の湖、北極の氷などからも検出される。

以上のような事実がありながら、DHMOに対する規制は検討されていない。


と、ここでネタばらし。

DHMOは、水を難しくした言い方です。

@は、溺死(窒息死)ですね。
Aは、水は電気を通し、雨や雪でブレーキが効きにくくなります。
Bは、体のどこからでも水は検出されますね。
Cは、ヤカンなどの湯が手にかかったときです。
Dは、凍傷です。
Eは、水で物を洗うのと、氷で食品などを冷やしますね。
F、G、Hは、解説する必要は無いかも。(笑)

どうでしょうか?ドッキリは成功しましたか?

 

inserted by FC2 system